全日警

???

人流と交通量分析

Object_Detection_and_Tracking

強力なScyllaのトラフィックフロー分析で、データに基づいた意思決定、オペレーションの最適化、渋滞の解消、収益性の向上を実現します。

人流と交通量分析の仕組み


Traffic_Flow_Analysis Person_Search
リアルタイムで特定の人物を検索。

Scyllaのトラフィックフロー分析は、接続されたすべてのカメラで人の動きに関するデータを収集します。しかしながらお客様のプライバシーを侵害することなく、独自に開発したアルゴリズムがデータを収集を行います。
特定の時間帯に特定のエリアを測定・追跡するよう設定することで、業務に必要な情報を確実に取得することができます。業務改善には測定が必要不可欠です。Scyllaの統計分析では、特定の場所、特定の時間帯、特定の日付における人々の分布を照会し、フィルタリングすることで、実用的な情報を得ることができます。

 
統計と分析から事象を捉える

●リアルタイムの人数カウント
●ヒートマップ
●経路解析
●ラインクロス
●滞留時間解析
●統計分析

Scyllaの人流と交通量分析が選ばれる理由

Traffic_Flow_Analysis_2

●カスタマイズ可能な統計レポートと分析
●使いやすいインターフェイス
●AIを活用した高度な交通流解析システム
●クラウドでの導入なら、ハードウェアの追加が不要
●即座に対応し、データに基づいた意思決定を行うための調整可能な警告システム

FAQ

  • Scyllaの人流と交通流分析はどのように行われますか?
    簡単に説明すると、カメラに映った全ての物体(人、車)を検出し、追跡するシステムです。検出された物体を追跡することで、滞留時間やその他の指標を計測することができます。ヒートマップ、ラインクロス、経路分析マップ、違反警告など、他のすべての分析は、これらの主要データから派生したものです。
  • カメラ設置位置の要件は?
    Scyllaの人流と交通流分析にとって最大の敵は、人同士がぶつかったり、他の物体で見えにくくなることです。そのため、カメラに映る人の動きがよく見えるように、カメラは高い位置で角度をつけて設置するのが理想的です。高い天井から、45度以上傾けて設置するのが理想的です。
  • Scyllaの人流と交通流分析システムは訪問者を一人一人認識してカウントしているのですか?一旦退出した人が再度アクセスした場合もカウントされるのでしょうか?
    一人一人を個人に認識し、訪問者数をカウントしていないため、退場して入場した場合、2回カウントされます。今のところ、個別に認識するにはScyllaの顔認識を利用し連携する方法しかありません。
  • どのように人を数えるのですか?カメラで人体の一部を見つけ出して計算するのですか?
    ソフトウェアでは、体全体(または体の一部)を基準にカウントしています。腕や足がはっきり見える場合は、それを検知してカウントします。ただし、30%以上見えていないとカウントされません。
  • 2台のカメラが同じエリアを映しており50%の範囲で被っている場合、カメラは同じ人をカウントするのでしょうか?
    はい、この条件下では、カメラは同じ人をカウントします。同じエリアで被らないようにカメラを設定することをお勧めします。
  • Scyllaはどのようなデータを収集しているのか?データのプライバシーはどのように保護されますか?
    Scyllaは、個人情報とみなされるデータを保存しません。映像や画像も保存されていません。
  • 人が出入りするときにカウントできるのか?
    はい、Scyllaの人流と交通流分析はラインクロス集計機能を活用し、人の出入りを集計することができます。
  • 出入りする人のカウント方法を切り替えられますか?
    はい、Scyllaの人流と交通流分析では、カメラのセットアップページで、カウントの方向を切り替えることができます。
  • 複数の出入口で使用できますか?
    はい、異なるカメラやクロスラインの占有率を集計することができます。
  • カメラに描画できるゾーンはいくつですか?
    ゾーンに制限はありません。ただ、互いに交差することなく、正しく描画される必要があります。
  • 収集した情報からカスタマイズしたレポートを作成することはできますか?
    もちろんです。レポートは、日付(毎時、毎日、毎週、毎月)、カメラ(複数)、クロスライン(複数)、ゾーン(複数)ごとにカスタマイズすることが可能です。