全日警

???

煙と火災の検出

Smoke_fire_detection

コンピューターと人工知能の力を活用したScylla煙と火災検出で、視覚ベースで検知と識別を可能にし、施設と人々の安全を確保します。

煙と火災検出の仕組み


Smoke_fire_detection Smoke_fire_detection
センサーを設置できなかった屋外で検知可能。

Scyllaの煙と火災検知システムは、人命、財産、大切な資産に対する様々な環境上の脅威に効果的に対処できるように開発されました。
Scyllaのソリューションは、コンピュータビジョンとAIを活用し、離れた場所にある様々な危険な状況を検知することができます。そのため、屋内外を問わず設置でき、従来の多くのセンサーと比較して、より早く脅威を検知することができます。このシステムは、太陽や雲、夜間の照明など、誤検知の原因となるいくつかの要素に影響されないよう、高度に調整されています。そのため、発生した問題に集中することができます。

 
工場などの現場での活用

工場など、職場での事故は、毎年多くの負傷者や死亡者を出すだけでなく、休業時間やランニングコストの原因ともなっています。危険の検出と特定は、リスクを軽減するための最初の重要なステップです。ScyllaのAIビデオ解析は、既存のカメラネットワークと統合し、煙や火災の検出を行います。

Scylla煙と火災の検知が選ばれる理由

Smoke_fire_detection_3

●Scyllaの煙と火災検知モジュールは、最大94.9%の優れた精度を誇り、圧倒的な誤報を効果的に排除することができます
●視覚ベースのシステムであるため、従来のセンサーと比較して、定期的かつ時間のかかる交換作業が不要です
●Scyllaは、既存のインフラとシームレスに統合できるコスト効率の高いソリューションを提供します

FAQ

  • 煙の最大検出距離はどのくらいですか?
    最大検出距離は通常、カメラの解像度、可視できる煙の量、照明など、多くの要因に依存します。一般的に、検知対象がフレームの高さの5%以上を占めている場合、検出の信頼性は高くなります。
  • Scyllaの煙と火災の検出は、煙探知機でカバーできない場所でも使用できますか?
    Scyllaは、特に屋外や駐車場など、煙探知機が設置されていない場所やネットワーク接続が制限された離れたカメラに状況を認識させることができます。また、太陽、雲、夜間の照明など、誤検知の原因となるいくつかの要素に影響を受けないよう訓練されています。そのため、発生した問題の対応に集中することができます。
  • Scyllaの煙と火災検出は、霧の日でも火災を検知できるのか、煙と霧を区別できるのか?
    Scyllaの煙と火災検出モジュールは、最大94.9%という優れた精度を誇っています。誤報を防ぐために、煙と霧を区別するように特別に訓練されています。
  • Scyllaの煙と火災検知検知は、従来のセンサーよりも効率的ですか?
    Scyllaのソリューションは、コンピュータビジョンとAIを活用し、離れた場所にある様々な危険な環境を検出します。そのため、屋内外を問わず設置することができ、従来の多くのセンサーと比較して、より早く火災を初期段階で検出することができます。視覚ベースのシステムであるため、従来のセンサーと比較して、定期的かつ時間のかかる交換作業が不要になります。数種類の火災検知器と煙検知器を組み合わせ、オペレーターが視覚的にコントロールすることで、火災検知の信頼性を高めることができます。
  • タバコの煙はアラートを発生させますか?
    タバコの煙(およびその他の物体)を検出できるかどうかは、煙のサイズに依存し、さらにカメラからの距離にも依存します。したがって、人が近くにいて、タバコの煙がカメラ視野の5%以上を占めている場合、システムは煙を検出します。
  • Scyllaの煙と火災検出は爆発を検知したり、ゆっくりと燃えるくすぶり火災を検知することができますか?
    はい可能です。爆発はシステムが検知する主なケースの一つです。
  • Scyllaの煙と火災検出は、屋内でも屋外でも使用できますか?
    Scyllaの煙と火災検出は、屋内と屋外の両方で使用できるように設計されています。
  • Scyllaはサーマルカメラを使用しないといけませんか?
    サーマルカメラを使用せず、煙と火災の検出を行います。