全日警

???

ScyllaAI導入フロー


scylla.png
DX、コストカット、警備の効率化にお悩みの方へ

DX、コストカット、警備の効率化で画像解析ソフトウェアの導入を検討している方や、現在使用している画像解析システムの切り替えを検討している方もお気軽にWEB申込をお願いします。特定のカメラメーカーに縛られず使用する事が出来るScyllaのAIですが、既存システムの都合上、画像解析に必要な映像の取得が困難な場合もありますので、事前にカメラ要件調査票をダウンロード、ご記入をお願いしております。
お問い合わせはこちら

 
お客様の映像を提供いただければ、直ぐにテスト解析を行います。

全日警はAIを提供するソフトウェア会社でわなく、警備会社であるため、お客様の安全・安心していただけるよう本導入前のテスト導入・解析を行っています。
お客様施設にシステムを入れたテスト導入を行うほか、導入までの時間やコスト削減のために、テスト解析を行う事が出来ます。ScyllaのAIは画像解析学習を様々な場所で使用できるようカスタマイズされているので、お客様の施設で起こった事象映像を送っていただければ、見つけたい事象・防止したい事象が起こった際に本当にAIが機能・検知するかをテストする事が可能です。また、AI画像解析でどういった事を行いたいかをお伝えいただければ、お客様施設に設置されているカメラで何が可能なのかをご提案いたします。
ScyllaのAIは解析を効率化を行うための機能を有しています。実際に解析する数が少なくなると運用費用の大幅コストカットが可能です。
※プライバシー保護、個人情報保護法を順守した映像のみに限らせていただきます。
 

必要な所に必要なAI画像解析を入れコストカット

Scyllaはモジューラー型のAIのため、必要な所に必要な分だけのAIを導入する事で運用にかかる費用を抑えることが可能です。
また、警備コンサルティングを行う事でAI画像解析を導入し、警備効率化、コストカット、DXを行っても、人の省力化が起こり、働き方が変化しても、安全・安心は変化しない事をお約束いたします。

 

警備会社だからこそできるサポート

全日警のScyllaAIソリューションは運用から保守までを一貫してサポートしております。ソフトウェアであるScylla AIは米国Scylla社が開発・構築を行い、全日警はお客様の運用・保守をサポートいたします。私たちは警備会社であり、ソフトウェア会社ではありません。ソフトウェア会社は、検知率や検知性能といった目に見える数字を開発により高めることが出来ますが、安全や安心といった所は目に見えない部分は改善する事はできません。そのため、警備会社である全日警が50年以上培ってきたノウハウで、お客様が安心して施設を利用できるようなご提案を行っております。

  

AI機能一覧