マンション・戸建て住宅向け


マンション・戸建て住宅の防犯対策に。ライフスタイルから選べるホームセキュリティ。
マンション・戸建て住宅に対応した4つのホームセキュリティプランから、 ご予算、ライフスタイルに合わせたホームセキュリティプランをお選びください。 すべてのプランで、異常発生時にはビート員(緊急対処要員)が対処を行います。
空き巣(外出防犯)、在宅時の不審者侵入(在宅防犯)、非常事態にも対応した「ハッピーガード」で安心の暮らしを!



全日警のホームセキュリティ「ハッピーガード」は全プランマンション・戸建て住宅対応

緊急時の警備を重視


かんたんプラン
月額契約料金 2,900円(税抜)
詳しくはこちらから>>



外出時の警備を重視


おでかけプラン
月額契約料金 4,100円(税抜)
詳しくはこちらから>>



在宅時の警備も安心


いつでもプラン
月額契約料金 6,500円(税抜)
詳しくはこちらから>>



シニア向け


みまもりプラン
月額契約料金 5,300円(税抜)
詳しくはこちらから>>





知っておきたい!住宅防犯事情

侵入窃盗の手口別発生状況
侵入窃盗の約4割は「空き巣」
警視庁発表のデータによれば、実際には「侵入窃盗」の約4割を「空き巣」(家人等が不在の住宅の屋内に侵入し、金品を窃取するもの)が占めており、その割合は増えつつあります。

侵入窃盗の手口別発生状況

侵入窃盗の手口別発生状況のグラフ

侵入窃盗の場所別発生状況
年々一戸建て住宅、マンションを狙う犯罪は増加の傾向にあります。
侵入窃盗の場所別では、住宅が約6割を占めています。
内訳は、一戸建て住宅22.2%、中高層住宅(4階建以上)10.8%、その他の住宅26.0%(3階建て以下の共同住宅、テラスハウス等)となっています。

侵入窃盗の場所別発生状況

侵入窃盗の場所別発生状況のグラフ

侵入窃盗の侵入手口
一戸建て住宅を対象とした空き巣の侵入手段では、ガラス破りが最も多く、次いで無締まりとなっています。
中高層住宅(4階建て以上マンション)を対象とした空き巣の侵入手段も、ガラス破りが最も多く、次いで無締まり施錠開けとなっています。
また、ドアのこじ開けといった強行な手口もあります。これらの手口での犯行は低階層に限らず高層階にも及んでいます。

侵入窃盗の侵入手口

侵入窃盗の侵入手口のグラフ

実際に、こんな住宅が狙われています!!

  • ドアの鍵は1つ
  • 隣の建物と近い
  • 逃げやすい道に面している
  • 侵入の足場になる電柱などがある
  • 見通しの悪い塀や植込みがある
  • オートロックの入口
  • 郵便受けが開閉自在
  • 管理員不在の時間帯がある
  • 住人のフリをして自由に入館ができる
  • 防犯ガラス/防犯フィルムを使っていない