全日警

???

アーバンネット名古屋ネクスタビルにてAI支援ビデオ監視ソフトウェア「icetana」が導入されました。

アーバンネット名古屋ネクスタビル

撮影/フォワードストローク   

AI支援ビデオ監視システム icetana

当社のAI支援ビデオ監視ソフトウェア「icetana(アイセターナ)」を2022年1月に竣工した次世代型先進オフィス「アーバンネット名古屋ネクスタビル」(所在:愛知県名古屋市、事業主:NTT都市開発株式会社様)へ導入いたしました 。
アーバンネット名古屋ネクスタビルは、「時間と空間の制約からの解放」「新たな発見と創造に向けた新しいコミュニケーション」「安全安心」「環境負荷低減」を目指しており、ロボット・AI活用によるビル警備等の高度化といった分野で当社の「icetana(アイセターナ)」が採用されています。

   

AI監視支援ソフトウェア「icetana(アイセターナ)」とは

今回のアーバンネット名古屋ネクスタビルに導入される「icetana」は建物内に設置されている各防犯カメラの映像をAIが学習し、判断能力を身に着けます。そして異常が発生した場合、そのカメラ映像だけを表示します。従来、数百台のカメラ映像を監視する際はシークエンスで確認していました。しかしながらシークエンスで監視する場合、数百台のカメラ映像が数十秒ずつ切り替わりながら表示されているので、モニターに表示されていない時間が発生します。このことにより、異常発見の遅れや、映像を注視して見る監視者の能力により監視レベルが左右されます。「icetana」ではAIが発見した異常の映像だけが画面上にポップアップして表示されるため、監視者はどの映像を注視して見れば良いかがわかり、監視者の能力に依存しない監視が可能になります。
icetana導入で変わる
icetanaは異なる動きの映像を表示する
  

特定の警備会社へ依存しないソリューション

様々なAI・ICT技術がリリースされる中で、警備ソリューションは導入に至るケースが少ないです。それも、運用・管理・保守・コストなど様々な問題あるからです。
特定の会社の警備ソリューションを使用する場合、特定の警備会社へ現場運用を任せなければならないという事があります。それは、導入する警備ソリューションの内容が標準化されておらず、扱える人間が限られるからです。しかしながら、全日警の提供する「icetana(アイセターナ)」は、現場運用を他の警備会社へ任せることが可能です。全日警では、システム導入だけではなく導入後の運用、保守やサポート、そして導入したことによりどの様な変化がもたらされ、どう運用していくべきかを警備会社からの視点でトータルサポートを行う事が可能ですが、その中の導入後の運用や運用効果の測定(運用の最適化)を既存の警備会社で行ってもらい、システム導入と保守サポートだけを当社が行うという事も可能です。
全日警は発展著しいAI・ICTのメリットをお客様の現場運用に落とし込み、導入によるメリットを生み出すまでのサポートに強みを持っております。しかしながら、「様々な理由で特定の警備会社を使用しないといけない。」「すでに導入している警備ソリューションが特定の警備会社ではないと扱えない」というお客様にも対応する事が可能です。
icetanaは見逃さない
icetana導入前後の警備体制の変化
次世代型先進オフィス「アーバンネット名古屋ネクスタビル」とは
近年、テクノロジーの著しい進歩や、多様化・国際化の進行、さらにはパンデミックへの対応など、個人の目的や状況に合わせて働き方をより自由に選ぶことに対するニーズが急激に高まりました。
本物件はこれらのニーズに対応する次世代型先進オフィスビルの第一号物件として、NTTグループのデジタル基盤「街づくりDTC®」技術を活かし自由な働き方のサポートを行うだけでなく、全使用電力を再生可能エネルギー由来とした環境配慮型ビルであり、未来の街づくりにチャレンジする第一歩と位置付けております。
今後は、同一街区にNTT都市開発が保有するアーバンネット名古屋ビル、商業施設Blossaと一体的な運営を行い、名古屋のシンボルである中部電力MIRAI TOWERを構え、新たな交流空間として生まれ変わった久屋大通公園に隣接する街区として、賑わいと魅力を相乗的に創出する街づくりを行いながら、栄地域の活性化およびSDGsの達成や脱炭素化等に貢献してまいります。
参照:次世代型先進オフィス「アーバンネット名古屋ネクスタビル」竣工 プレリリース
 
リンク
アーバンネット名古屋ネクスタビルのプレスリリースはこちら(外部サイトへ移動します。)
icetanaの詳細はこちら

ニュース一覧にもどる