全日警

???

複合型サービスロボットToritoss(トリトス)

人と一緒に働くパートナーロボット

株式会社全日警はオムロンソーシアルソリューションズ株式会社と販売パートナー契約を締結し、労働力人口不足という社会課題の解決に貢献する新たなソリューションの提供を開始いたします。
複合型サービスロボットToritossは「清掃・警備・案内」の機能を有し、建物内で24時間フル活用できます。
清掃機能は自律走行により床面を除塵し、環境衛生に貢献。案内機能は前面のディスプレイにフロアガイド等を表示しながら移動することができるため、固定式サイネージと比べて高い情報発信力を発揮します。警備機能は経路と時間を予め設定して巡回させるほか、操作端末からロボットの移動・向きを指示し、動く防犯カメラとして活用できます。
一つの機能のロボットでは使用する時間や場所を制限しますが、3つの機能を持ったToritossは様々なシーンで活躍できます。

toritoss_top

安全対策・かんたん操作・24時間フル活用を実現


toritoss_2

事故を防ぐ安全対策


ルート上にある障害物を検知して迂回します。また人が急に飛び出してきた時も一時停止するなど、安全対策を講じています。

●3種類のセンサを使い分け、安全を確保。
●迂回ルートはロボットが自分で判断。
●周りの障害物をセンサで読み取り、走行速度を自動調整。
●いざと言う時の緊急停止ボタンを設置。
toritoss1

かんたんにできる設定操作


マップと作業ルートを手押しで記憶させるだけ。あとはロボットが自動で走行します。

●オフィスビル・ホテル・商業施設・空港など様々な場所で活躍可能。
●充電が必要になると自動で充電ステーションへ帰還。
●ロボットの操作パネルをタッチでスタート。
●ロボットから離れた場所からでもパソコン等の操作端末から遠隔操作や稼動確認が可能。
toritoss_3

スケジュール機能で24時間フル活用


シーンに応じて機能を使い分けることで効果を最大限に発揮します。

●エリアとルートは複数記録でき、シーンに応じて使用可能。
●機能の切り替えはスケジュールで管理。
●スピーカー・マイク・カメラを通じ、通話や映像を確認可能。
●充電中もカメラ・通話・ディスプレイ機能の使用が可能。